スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑楽/ブギ・ウギ

ブギ・ウギに関して、放送作家のありや無哉さんにお話をお聞きしました。
ありや無哉さんはNHKラジオで放送された「特集 昭和モダンの創造 ~昭和を駆け抜けた音楽家たち~」(平成19年11月23日19:20~22:55放送)の取材時に服部克久、隆之さん親子に色々お話をお聞きしたそうです。その時、日本のブギ・ウギ・リズムに関するお話しもあったそうです。

ブギ・ウギと言うのはリズムの名前で、もともとブルースから派生したもので、「ラグタイム王」と呼ばれたスコット・ジョップリンによってピアノの演奏スタイルとしてできたものなのです。このリズムに感心を持ち、作曲活動を行ったのが服部良一でした。
ブギ・ウギはピアノには合うのですが、始めの頃は歌はなかったのです。戦時中にアンドリュース・シスターズのブギ・ウギ・ビューグル・ボーイ(昭和49年、第25回紅白歌合戦でザ・ピーナッツが歌ってます)を聴いて、このリズムで作曲をしたくてたまらなくなりました。しかし日本は戦時中です、なかなか『大手を振って』とはいかなかったのです。

ブギ第1号としては昭和17年の「荒城の月ブギ」ですが、本格的にブギ・ウギ・リズムの作曲が出来たのは戦後のことになります。戦後、服部良一はすぐにブギ・ウギのリズムで作曲を始めました。
そのブギウギブームの火付け役と言いますと、笠置シズ子がうたった「東京ブギウギ」で昭和二十二年の作品です。歌詞の中に『心うきうき』とあるように平和を感じていたのでしょうか、その気持ちが爆発したのかもしれませんが、次々とブギを作りました。なんとブギと名の付く曲が、30曲近くもあるのです。大ヒットした「東京ブギウギ」「買い物ブギ」や、「ホームランブギ」「ヘイヘイブギ」「これがブギウギ」「ブギウギ時代」など、あらゆるテーマがブギに変身していったのです。箱根温泉に頼まれて作った「温泉ブギ」、「ビックリシャックリブギ」なんて言うのもあります。黒澤明監督の『酔いどれ天使』の主題歌になった「ジャングルブギ」があります。黒澤明監督自身の作詞でした。どの曲も戦後のはじけるような、躍動感が感じられる作品ばかりです。

ブギ・ウギのリズムは河内音頭や阿波踊りなどの影響があったのか、日本人に素直に受け入れられました。他のアーティストにもしかりで、日本のボードビリアンの草分け、川田晴久の音楽ギャグにも影響を与えました。川田晴久は美空ひばりが先生と呼んだ、ただ一人の人と言われ、美空ひばりのよき理解者でした。昭和23年の作品には服部良一のお株を奪ったと思われるような「浪曲ブギウギ」があります。川田晴久らしく、グレンミラーも入り、なんでもありのようで、時代をすばやく取り込んだような感じがします。
平成19年に生誕100年を向かえた服部良一と川田晴久のお二人とブギ・ウギのリズム。まさに『昭和モダン』ですね。

服部良一生誕100年記念のトリビュート・アルバムでは関ジャニ ∞が「買い物ブギ」を歌っています。「関西弁の歌だから」といったことで、関ジャニ ∞にオファーしたのが本音だったのですが、「出来上がりはすばらしいものです」と服部克久、隆之さん親子が口を揃えて言ってました。
ブギウギのリズムの特徴は、3連シャッフルがありますが、ピアノ連弾のレ・フレールが演奏する「Boogie Woogie Hatter」をお聴きいただければわかります。

記/ありや無哉

      <「ブギ・ウギ(Boogie Woogie)」へ




服部良一アンドリュース・シスターズ川田晴久(義雄)



コメントの投稿

非公開コメント

Categories

openclose

プロフィール

うらまさり菫

Author:うらまさり菫
--------------------------
 NHKラジオの「ムーンライト・シャワー~月明かりに照らされて」で放送された楽曲の解説をテーマにした、リスナーの個人ブログです。
 番組は2008年から祝日に放送されていて、すでに20回を越えていますが、放送時間も番組の長さも決められていないといった、自由な番組です。
 放送される曲は70年代以前のムード音楽、映画音楽、スタンダード・ジャズ、ポップスなどが中心で、現在の若者世代にとって耳新しいロマンチックな名曲が多いようで、まさに「癒しの名曲」が放送されています。
 曲と曲の間を繋ぐコメントが、これまた楽しいのも、この番組の特徴ですね。
DJ・イワサキが語る、一人芝居のコメント(小噺)がより楽しい癒しの空間を創っています。
 不定期ですが番組のホームページもNHKラジオのHPにあるので、放送日など確認して、ぜひ聴いて欲しいものです。

 このブログでは過去放送された名曲に関しての「あれこれ」をうらまさり菫(うらまさり・すみれ)が綴ってまいります。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 CD探しはこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。